ガレキ選別に必要不可欠|重機はレンタルで賢く利用

ウーマン

適切に効率よく処理するために

メンズ

効率よく動く

土木作業現場では、毎日のように廃棄物が発生しています。これらは各自治体の規定に則って、適切に処理される必要があります。廃棄物には瓦礫類や木材、プラスチック類など多様なものがありますが、例えばプラスチック類の中には焼却処理を行うと環境に有害な物質を生じるものがあるため、木材や紙類と一緒に処分することはできません。またガラス類などは焼却するには高い温度が必要なので、こちらも木材等とは一緒に処分されないことが多いです。こういった材質や大きさ、処理の仕方に違いは、廃棄物処理における分別の際に時間と手間が掛かってしまうことが多々あります。そのため大半の企業では、廃棄物処理専用の重機や中型機を用いて効率化を図っています。

専門業者を利用

廃棄物処理は、作業を行っている自治体によって規定があります。そのため自治体が廃棄物を回収する際、規定外のものは回収してもらえないことがあります。その場合は、自治体以外で廃棄物処理を行っている業者などに引き取ってもらうか、自分たちで処理する必要があります。木材や布、紙などは、焼却炉があれば自分たちでも処理ができますが、プラスチックやゴム類、薬品などの処理に危険が伴うものは、廃棄物処理を専門に行っている業者に引き取りを依頼した方が安全です。業者の中には廃材の状態や数などによっては、無料で引き取ってもらえるところもありますので、詳しく調べてみると良いです。また、回収に来てくれるのか、持っていく必要があるのかについても事前に打ち合わせをしておくと、トラブルも防ぎやすくなります。