ガレキ選別に必要不可欠|重機はレンタルで賢く利用

ウーマン

廃材は細かく選別して処分

工事現場

選別して処分

建築や取り壊しの際、土木作業には廃材や瓦礫の処理がつきものです。自治体によっては、大きさや材質などで細かく区分して処理する必要があるため、瓦礫選別の重機は必要不可欠といえるでしょう。多くの瓦礫選別機は、集めた瓦礫を振動させて大きさや重さで分けることができます。瓦礫の中には人の手で持ち上げるのが困難なものも多くあるので、それらをまとめて選別できるのは、作業効率の面からみると大いに役立っています。また、瓦礫選別機は新品でも中古でも、現場に合わせて大小様々なものが用意されています。中にはレンタルを受け付けている重機取扱店もありますから、短い期間での利用であればそちらを検討するのも良いでしょう。さらにレンタルであれば、購入よりも費用を安く抑えることができるので、一時的な使用が目的であればコストの節約にもなります。

処理をしやすく

瓦礫選別の際、あまりに大きいものだと処理が難しい場合があります。そのような場合には、大きすぎる瓦礫や廃材を粉砕機などで細かくする必要が出てきます。そのため瓦礫選別機のレンタルや購入の際は、各自治体の規定や重機の選別可能な大きさを事前に確認しておきましょう。また、もし後から瓦礫が大きすぎると判明した場合などは、ハンマーや瓦礫用のカッター、粉砕機などを利用して、既定の範囲内の大きさにすれば問題ありません。瓦礫選別機を販売またはレンタルしている業者には、大型の瓦礫用の粉砕機も取り扱っているところが多いので、併せて利用するのも良いでしょう。