ガレキ選別に必要不可欠|重機はレンタルで賢く利用

男性

作業に必要不可欠

工事

選ぶ基準

建築現場などでは、ガレキ選別はもはや定番といえるでしょう。大きさや重さで分けて、大きすぎるものは粉砕機などで細かくしておきます。そして処理が十分に可能な大きさになったら、自治体や専門の業者に引き取ってもらいます。この時、ガレキ選別には専用の重機を用います。このガレキ選別機は、選別できるガレキの大きさによって、少し小柄のものや大型のものがあります。いずれも作業内容はほとんど変わりませんが、選ぶ際は自治体の定める処分可能なガレキの大きさを参考にすると良いでしょう。また、大きすぎるガレキを細かくする粉砕機なども、併せて取り扱っている業者が多いので一度見ておくと購入の際の判断基準として参考にすることができます。

レンタルも可能

ガレキ選別機は、重機の中でも比較的高価なものになります。そのためいくつも所有している企業は、大企業でもなかなかありません。それに大型のものだと場所をとることも考えられるので、必要最小限の台数があれば十分だと考える企業が多いようです。そのような利用者側の意見をくみ取り、中古価格での販売やレンタルサービスを提供している重機専門の業者もあります。レンタルであれば、必要のない期間は場所も取らないし低コストで利用することができるので、多くの企業で人気となっています。また、粉砕機などの他の重機とセットでレンタルするといくらか割引してくれる業者もありますので、複数の業者に関して情報を収集し、比較してより良い業者を選びましょう。

適切に効率よく処理するために

メンズ

可燃物や燃やすと有害なもの、高温で焼却する必要のあるものなど、廃棄物処理にはいろいろと決まりがあります。そのため効率よく分別・処理をするのであれば、専門の業者に依頼すると良いでしょう。料金や条件などを事前に調べておくと、トラブルを回避できます。

もっと詳しく

必要があって生じたもの

男の人

廃材や廃棄物は、そもそも発生を抑えることから始まるため、発生している廃棄物は必要があって生じたものになります。とはいえ環境のためにも、処理は適切に行う必要があります。廃材や廃油を回収している業者は近年増えてきているため、うまく活用して安全を心掛けましょう。

もっと詳しく

廃材は細かく選別して処分

工事現場

建築現場などで出てくる廃材や瓦礫は、専用の瓦礫選別機を利用すると処理に掛かる時間を節約することができます。また、瓦礫が大きすぎて自治体の規定を超えてしまった場合は、ハンマーや粉砕機で砕いておけば、安全に処理できます。

もっと詳しく